廃車の解体行程|廃車買取の廃車ひきとり110番

廃車買取の廃車ひきとり110番    
廃車手続きは廃車ひきとり110番 TEL:0120-110-882
TEL:0595-43-2231
FAX:0595-43-2236
フリーダイヤル:0120-110-882
* 9:00〜18:00
廃車・事故車・不動車・故障車・水没車・車検切れのクルマ・トラック・軽自動車
その他なんでもお任せください! クルマに関する手続きも代行いたします。
HOME > 廃車Q&A > 解体工程

廃車Q&A

廃車Q&A
廃車手続きについて
廃車引取り
廃車業者の選び方
環境問題
解体工程

営業時間
ニュース更新
 
◎お知らせ
2016年12月28日
メールアンケートで最近頂戴いたしましたお客様の声を更新いたしました。
2016年9月15日
メールアンケートで最近頂戴いたしましたお客様の声を更新いたしました。

解体工程(弊社グループ会社の例)

新車を運ぶ時と同様に大切に運んできます。
▲車両置き場で液漏れが起っても地下へ浸透しないよう、
   床はコンクリート敷きになっています。
   油などが下水に流れないよう配慮しています。
ここでタイヤ、バッテリー、フロンガス、
エンジンオイル、オートマチックオイル、
パワーステアリングオイル、不凍液、ウォッシャー液等の
廃液を抜き取ります。
最新式の液抜き機により
早く確実に抜き取ります。
商品価値のあるタイヤ・
ホイールと素材に戻す
(リサイクル)物を分別し、
出荷します。
廃油でも再処理できる業者に
出荷することにより、
リサイクルすることができます。
▲どうしても抜けなかったオイルは油水分離機を通して処理する
   事により分離のみに比べ油水槽を90%以上抽出し再生します。
ここでは、有価パーツとして部品の分解が行われます。
100品目以上に及ぶ分類がなされます。
▲手作業による分解です。重機に頼らないため非常にきめ細やかな分解と分類ができます。
手作業により通常50品目の業界平均の2倍にあたる100品目以上をリサイクル可能にしています。
国内、海外に出荷できない
商品からアルミ、銅など素材としての
価値があるものを分別しリサイクルし
ます。
日々リサイクルできる部品の活用
方法、販売先を開拓しております。
骨組となった車体をプレスします。
プレス機によって圧縮された自動車のボディは鉄鋼メーカー、
シュレッダー会社を通じて鉄の原材料に生まれ変わります。
最後には何も残りません。
業界平均リサイクル率80%を100%にするべく、
販路開拓や更なる分別処理に取りくんでいます。
廃車買取の廃車ひきとり110番 トップご利用の手順廃車無料相談廃車Q&Aクルマの手続き
会社概要リンクコラムサイトマップお客様の声リサイクル関連ニュース
Copyright(C)2008 廃車ひきとり110番 All Rights Reserved.
 
無料相談