車を所有していれば必ずやってくる車検の日。車検にもいろいろな種類があります。

車検とは

定められた時点における車の安全・環境の各面を国が審査するというものです。平成7年度の法改正により、24ヶ月点検は車検の前後を問わなくなりました。

その結果、修理工場以外でも車検を受けることが可能となり、ユーザー車検や代行車検といったサービスが増えてきました。

24ヶ月点検は車検に含まれません

車検はあくまで、その時点での車の状態を審査するだけで、その後の安全を保障するわけではありません。「車検に通った から安心」とは言いきれないのです。
安全・安心のためには必ず24ヶ月点検を受けましょう。

法改正前は24ヶ月点検を受けなければ車検を受けることができませんでしたが、現在は点検を後回しにしても車検を受けることができてしまいます。

車検に出すにはいろいろな業者があり、料金も 様々ですが、その料金に点検まで含まれているかどうかなど、内容をしっかりチェックすることが大切です。

業者の種類

  • 認証工場、指定工場(民間車検工場)
    指定工場とは車検を自らの工場で行うことのできる工場ですが、認証工場とは自らの工場で車検を行えない整備工場なので、車を陸運局に持ち込んで検査を受けなければなりません。 その点以外には大きな違いはありません。
  • ディーラー車検
    ディーラーが車検を行います。費用が高いことを除けば、指定工場と内容は変わりません。費用が高い理由の一例として、ディーラー車検には定期交換部品といって、まだ使えそうな部品でも 車検の際に必ず交換するというものがあります。他にも、そのディーラー独自のオプションプラン等もあり、その選択次第 で料金も変わります。
  • フランチャイズ車検
    独立した民間指定工場が、フランチャイズ毎の同一システムの下、車検を行うものです。値段は比較的安いところが多くなっています。完全予約制・持込の必要・立会い車検など フランチャイズ全体で同一のマニュアルで行 われているため、手間がかかる面もあります。
  • ユーザー車検
    車の所有者が車を直接陸運局に持ち込み車検を受けるものです。料金は一番安く済ませることができますが、故障したときの保障はありません。ユーザーが点検・整備をきちんと行うことが大切です。
  • ユーザー車検代行
    ユーザー車検の、陸運局に持ち込んで車検を受ける部分を代行業者に任せるものです。比較的安く済ませることができますが、ユーザー車検同様に故障したときの保障はありません。

費用の内容

費用は大きく、非法定費用法定費用とに分け ることができます。

法定費用とは、どんな業者を選んでも、また自分で行うユーザー車検でも必ずかかる費用です。どの業者に頼んでもほぼ同じですが、指定工場のほうが若干安くなっています。

それに対して、非法定費用とは、業者の利益となる部分です。この部分の料金が24ヶ月点検を含んでいるか、含んでいないかによって料金は大きく違います。

また、2005年1月からスタートした自動車リサ イクル法により、施行前に購入した車については 法施工後の最初の車検時にリサイクル料を支払うことになりました。

詳しくは、「自動車リサイクル法のページ」をご覧ください。

このページがあなたの役に立ったらシェアお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

廃車を高価買取!1分で完了!今すぐ無料査定

廃車で戻ってくる「還付金」があるのをご存知ですか!?あなたの還付金をチェック!

廃車・事故車・中古車 買取査定額10%UPキャンペーン ※フェイスブックからキャンペーンにエントリーして下さいね!

廃車買取実績とお客様の声

  1. 買取実績 三菱・ランサーワゴン エボリューションGT
  2. 買取実績 スズキ・ワゴンRスティングレー 
  3. 買取実績 トヨタ・マークⅡブリッド
  4. 買取実績 BMW・325i 昭和63年式
  5. 買取実績 トヨタ・ヴィッツ 平成19年式
  6. 買取実績 トヨタ・アイシス 平成19年式
  7. 買取実績 日産・スカイライン 平成2年式
  8. 買取実績 ダイハツ・ムーヴ 平成15年式
  9. 買取実績 スズキ・アルトラパン 平成16年式
  10. 買取実績 日産・キャラバン キャンピングカー