廃車手続きに関するよくあるご質問とご回答|廃車買取の廃車ひきとり110番

廃車買取の廃車ひきとり110番    
廃車手続きは廃車ひきとり110番 TEL:0120-110-882
TEL:0595-43-2231
FAX:0595-43-2236
フリーダイヤル:0120-110-882
* 携帯電話・PHS・ IP電話からも
   ご利用いただけます。
廃車・事故車・不動車・故障車・水没車・車検切れのクルマ・トラック・ディーゼル車
その他なんでもお任せください! クルマに関する手続きも代行いたします。
HOME > 廃車Q&A > よくある質問

廃車Q&A

廃車Q&A
廃車手続きについて
廃車引取り
廃車業者の選び方
環境問題
解体工程

営業時間
ニュース更新
 
◎お知らせ
2017年4月10日
メールアンケートで最近頂戴いたしましたお客様の声を更新いたしました。
2016年12月28日
メールアンケートで最近頂戴いたしましたお客様の声を更新いたしました。

廃車にすると、自動車税・自動車重量税・自賠責保険は還付されますか??

残りの車検期間の有無など条件によって異なりますが、条件を満たしている場合は適正に手続きを行うことにより当然還付されます。それぞれ下記でご確認ください。

自動車税

自動車税が未払いでも陸運局での廃車手続きは出来ます(税金の滞納が長期にわたるなど差し押さえ対象になっている場合は手続きできません)。手続きが終了して約2ヵ月後に、 再計算した金額で納付書が送られてきます。

既に、今年度分の自動車税をお支払いの場合は年度の途中で廃車にされると、納税された方に 残り期間に応じて月割計算でお金が戻ってきます。

手続きを終了してから約2ヵ月後に還付の通知書が送られてきますので、そちらをお持ちになり、 指定された金融機関でお手続きをして下さい。

※軽自動車の場合は年度の途中で廃車しても自動車税の返戻金は御座いません。

★自動車税還付額につきましては自動車税月割り税額表を御参照下さい。

自動車重量税

車検の有効期間を1ヵ月以上残して廃車(抹消登録+リサイクルシステムでの引取報告)された場合には重量税が還付されます。(車検の有効期間が1ヶ月未満の方には還付が御座いません。)

自動車重量税の廃車還付制度について(国税庁より)

“廃車ひきとり110番”ではこちらの手続きも代行しておりますので是非ご依頼下さい。

廃車無料相談はこちらからどうぞ

自動車重量税の金額を調べる(奈良県自動車整備振興会ページに飛びます)

なお、自動車重量税納税額につきましては車検証の備考欄に記載されておりますので、その額と車検満了日を弊社オペレーターにお伝えいただければ還付見込み金額をお伝えできます。

自動車重量税額一覧表

平成22年4月から24年4月までの自動車重量税額について(平成22年度改正重量税額表)

平成24年5月以降の自動車重量税額について(重量税額確認方法と平成24年度改正税額表)

平成26年4月以降の自動車重量税額について(重量税額確認方法と平成26年度改正税額表)

★環境性能に優れた自動車に対する自動車重量税等の減免がおこなわれております★

対象車は重量税の納付額が減免されているため、還付金額もお車によって異なります。 詳しい制度内容は自動車重量税等の減免(エコカー減税・ASV減税・バリアフリー車両減税等)について(平成24年改正)(国税庁HPより)をご覧ください。

☆自動車重量税還付額の計算方法 納付された自動車重量税額 × 引取業者引取報告日(自動車リサイクルシステム上にて)か一時抹消登録日のいずれかの遅い日の翌日を起算日として自動車検査証の有効期限の満了日まで月数(一月未満切り捨て) ÷ 自動車検査証の有効期間の月数 です。

自賠責保険

自賠責保険の有効期間が残っていればその期間に応じて保険料が戻ります(還付金額はご加入保険会社、地域により異なります)。 ( 保険期間が 1 ヶ月未満の場合には還付が御座いません)

保険会社に解約のお手続きをした日が起算日として計算されますので、抹消登録が完了致しましたらお早めにお手続きされることをお勧めいたします。

還付手続き手順等につきましては、ご加入されている損害保険会社にお問い合わせ下さい。

また “ 廃車ひきとり110番 ” ではこちらの手続きも代行しておりますので是非ご依頼下さい。

廃車無料相談はこちらからどうぞ

関連するQ&A

廃車買取の廃車ひきとり110番 トップご利用の手順廃車無料相談廃車Q&Aクルマの手続き
会社概要リンクコラムサイトマップお客様の声リサイクル関連ニュース
Copyright(C)2008 廃車ひきとり110番 All Rights Reserved.
 
無料相談