escorp

米国自動車買い替え支援策が終了

日本での廃車に伴う新車購入補助制度(スクラップインセンティブ)にあたる米国版の買い替え支援、約70万台を売り上げて予算終了らしいです。
おそろしいくらいのハイペースで売れたところを見ると、景気が悪くても消費大国のアメリカの凄さがわかりますね。日本ではどうなんでしょうか?

先日、とあるメーカーディーラーに行った時の話。「一部シュミレーションによると補助金が早くて10月に尽きてしまうらしいです・・・」、イコール“購入はお早めに!”ってこと。具体的にどこの予測等は仰ってられませんでしたが、消費者の購入意欲を掻き立てるセールストークの材料なんでしょう。でも正直安く買えることは否めませんがね ^_^;

さて話は米国に戻りまして、売れた車種ベスト10で言うと
1位:カローラ(トヨタ)  2位:シビック(ホンダ)  3位:カムリ(トヨタ)  4位:フォーカス(フォード)
5位:エラントラ(現代)  6位:ヴェルサ(日産)  7位:プリウス(トヨタ)  8位:アコード(ホンダ)
9位:フィット(ホンダ)  10位:エスケープ(フォード)

ホンダってアメリカで強いんですね。あと現代も着々と伸びてきているあたりが気になります・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。