escorp

廃車にした時の自動車税の還付の方法

普通自動車の自動車税は年額を納税済の場合に、年度の途中で抹消登録を行うと、残りの期間分が月割りで戻ってきます。基準日は毎月 陸運局の最終開庁日となります。
還付の方法ですが、抹消登録を行う際に自動車税事務所にも書類を提出するのですが、その書類を持って、都道府県が確認しますので、別途ユーザーにて手続きは必要ございません。

抹消登録からおよそ2~3か月後、納税義務者のところに、還付申請用紙が届きます。特に県に住所変更のお知らせをされていない場合は、納税用紙が届いた住所に届くはずです。
それを持って指定の金融機関の窓口にてお受け取りいただけます。

自動振り込みなどはないの?と思われるかもしれません。基本的に納税を口座引き落としでされていらっしゃる方は自動的に還付されますが、その届出をされず、金融機関やコンビニエンスストアで自動車税を納税された場合は前述のような扱いになります。

注意としては、自動車税ごと買取店に買い取ってもらい、第三者が還付を受け取れるようにする委任状に捺印された方は戻ってきませんのでご注意を。過誤納金還付委任状という名前がついているので、ご捺印などしていただく際は戻ってこないことをご納得の上、捺印いたしましょう。
もしこの手続きをしていないにも関わらず、半年たっても還付がない場合は、手違いの可能性もありますので、一度納税された県にまずご確認いただくことをお勧めします。

軽自動車は還付ございませんのであしからず。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。