廃車買取サイトを運営する株式会社イー・エス・コーポレーションの社員が綴る自動車リサイクル関連の日記

  1. コラム
  2. 7 view

地球は青かった

地球は水の星だと言われます。人類初の宇宙飛行士ガガーリンが言った

地球は青かった

という言葉にもあるように、青く美しい地球、それこそ私達が暮らす、この星の本来の姿なのです。

地表の陸地は3割で、7割を水が占めるということはよく知られています。しかし、そのうち飲用に使える水がどの程度かということは、あまり知られていません。実は、地上に存在する水のほとんどは海または氷河で、河川や湖などの水はたった0.01%でしかないのです。これは地上の水を1リットルのペットボトルに たとえると、飲用に利用できるのはたった1滴だけということになります。この数字からも、いかに少ない水資源に頼って私達が生活しているのかがよくわかります。

それなのに人間の歴史は地球を痛めつけ、汚してきた歴史と言って良いほどこれまでの環境に対する意識は大変低いレベルのものでした。

例えば、岐阜県川上岳(かおれだけ)に源を発し、飛騨高地の中を進んで富山湾に注ぎ込む、神通川(じんづうがわ)という川があります。ご存じのとおり、かつてイタイイタイ病が発生したことで有名な川です。

イタイイタイ病は上流の神岡鉱山で、亜鉛を製錬した後に出る、カドミウムを含んだ排水を、そのまま神通川に放流していたのが原因の公害病です。汚染された農作物や飲料水を通して、カドミウムが流域住民の体内に蓄積され、 重金属中毒を引き起こしました。骨が脆くなり、医師が脈を取るために 手をとっただけで骨が折れてしまうなどし、「イタイイタイ」と訴えながら死に至った患者もあったのでした。

この例は工場排水による水質汚濁ですが、廃車の処理も1歩間違えば、こういった事態を引き起こさないとは言えないのです。

某大学の教授が学生に、廃車はどのように処分されるのかと聞いてみたところ、ほとんどの学生が、

「土の中に埋める。」

と答えたそうです。

廃車のリサイクルに 真剣に取り組む立場からすると、これは決して笑い話で済むことではありません。

不法投棄された廃車の山から漏れ出し、地中にしみ込んでいく黒いオイル。化学発生したガス。これらは、地球の環境を直撃してしまいます。土に埋め立てれば、なるほど私達の目には触れなくなりますが、 その目に見えないところで何が進行しているのか、

そこにこそ危機感を 抱かなくてはなりません。

米1kgを作るのに必要な水は4,500kgだそうです。オイルまみれの、黒じみた米を食べたいと誰が思うでしょう。そんな米を我が子や孫に食べさせることを誰が望むでしょう。

きれいな水と地球を取り戻すこと。

株式会社イー・エス・コーポレーションの願いです。

コラムの最近記事

  1. ネパールの車事情

  2. 天然ガス車の廃車処分方法

  3. 地球の美しさ

  4. 地球は青かった

関連記事

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP