1. 廃車するときの豆知識

車を手放すのはどんなとき?適切なタイミングを見極めよう!

車手放す

毎月の駐車場代や保険料、車検の費用・・・。車はただ所有しているだけでも、さまざまな維持費がかかります。サブスクが一般的になってきた昨今、ほとんど乗っていない車ならば、思い切って手放してしまおうと考える方も多いのではないでしょうか。しかし「無いと不便」と考えて、手放すのを躊躇っていませんか?今回は、車を手放すのに最適なタイミングについて解説します。

みんなはどんなときに車を手放すの?

車を手放すタイミング
車は住宅の次に大きな買い物です。何かのきっかけがなければ、思い切って車を手放すことができません。どのようなタイミングで車を手放すのでしょうか?ここでは、多くの方が車を手放すきっかけとなった出来事やタイミングについて、まとめました。「車を手放そうかな・・・」と感じている方は、参考にしてください。

ライフスタイルが変化したとき

車を手放すタイミングとして、最もよくあるのがライフスタイルが変化したときではないでしょうか。家族構成が変わったときや、引っ越しによって住む地域が大幅に変わるときなどは、車を手放すタイミングではないでしょうか。例えば・・・

  • 子供が独立して、夫婦二人では車をあまり使わない
  • 地方から都心に引っ越すため、これからは電車移動がメインとなる

といったところでしょうか。

買い換えのタイミングで

買い換えのタイミングで、もともとの車を手放すことも考えられます。例えば・・・

  • 子供が生まれたので、車内が広いファミリーカーに替える
  • 子供が自転車通学になったので、自転車が載せられる車に替える
  • 高齢者となったので、乗り降りのしやすい車に替える

などなどが考えられます。特に都市部では、車を保有するには、高額な維持費が必要です。そのため、多くの方が車の買い換えを機に、これまで使っていた車を手放し、維持費の少ないエコカーなどに乗り換えられます。

車を手放すメリットとは?


車を手放すと、少なからずこれまでの生活よりも不便になってしまいます。車がなければ、気軽に遠出するのは難しくなりますし、たくさんの買い物する際にも不便でしょう。しかし、車を手放すことにはいくつかのメリットもあります。ここでは車を手放したことで得られるメリットを3つ紹介します。

車の維持費がなくなる!

車を手放すことの最大のメリットが、維持費がかからないという点ではないでしょうか。車を保有していると、たとえ頻繁に使用していなくても、以下のような費用が確実にかかります。

  • 自動車税や軽自動車税
  • 自動車保険
  • 車検費用
  • 定期点検費用
  • 駐車場代

固定費として支払う上記5つに加え、燃料代や、オイル代、タイヤ代、洗車代のほか、当然故障した際の修理費や、長く乗るための消耗部品の交換費用なども発生します。1ヶ月の金額だけを見ると大したことないと感じるかもしれませんが、いろいろ重なってしまうと、年間で数十万円の出費になる場合もあります。車を手放すだけで、これらの費用から一切解放されますと、経済的にかなりのゆとりができます。

  • 二年に一度の車検代:10万円程度~
  • オイル交換関連:年間10,000円程度
  • 駐車場代:月3,000円 年間36,000円
  • 燃料代:毎月10,000円
  • 自動車税:34,500円*コンパクトカーの場合
  • 自動車保険:50,000円

これらをまとめますと、故障がなくても年間 300,000円以上の出費になることがわかります。これが最大のメリットです。

健康的になる

車を手放すと健康的になります。車がなければ当然、徒歩による移動が増えるでしょう。バスや電車といった公共の乗り物を使うことが増えますが、バス停や駅まで歩かなければいけません。

デスクワークが多い現代人は仕事で歩くことが少ないため、1日のうちのほとんどの時間を座って過ごしています。このうえ、移動を車に頼ってしまうと、1日中ほとんど歩かないことになるでしょう。
車を手放し、強制的にでも歩く頻度を増やすことは、確実に健康への近道になります。

地域社会に貢献

車がなくなるとどうしても移動は公共交通機関に頼らないといけません。結果的に、環境にやさしい生活になります。また地方においては地域の公共交通機関は利用者の減少により存続の危機に瀕しているところもあります。そのような地域の足の存続に貢献できます。SDGsにのっとった生活様式を実践できます。

車を手放すデメリットは?

車を手放すデメリット
車を手放すことにはメリットがある反面、デメリットも存在します。手放してしまってから後悔しないためには、車がないことのデメリットも踏まえて検討する必要があるでしょう。車を手放すことのデメリットは、以下のとおりです。

  • 移動手段が制限される
  • 大荷物を運べない
  • 勤務できる場所が限られる

デメリットとしてまず考えられることは、自由な移動手段がなくなることです。スーパーやホームセンターなど、日用品の購入場所が近くにある場合は良いですが、そうでない場合は車がないと日頃の買い物すらも重労働になってしまいます。

また米や水、家電、家具など重い荷物を運ぶときは、車があった方が便利でしょう。ただ、都市部であれば配達サービスも発達しており、以前に比べるとハードルは下がったのではないでしょうか。
地方の町村部では、配達サービスの利用には高額な配送料がかかるばかりか、日数もかかるため、やはり車がないと普段の生活にも苦労するということあるでしょう。

このように考えますと都市部では車を手放すメリットは多く、むしろ特段の理由がなければ車は不要、一方、人口の少ない地方では車を手放すデメリットのほうが多いということが言えそうです。

いずれにしても一度手放すと、次回購入時には負担も大きく、大きな決断になります

車を手放すのに適したタイミングは?

車を手放すタイミング
「メリットもデメリットも理解した。よし、車を手放そう!」と決めた場合もすぐに手放すのは賢明ではありません。すぐに車を手放してしまうと、あとから損をしてしまったことに気づき、後悔する可能性があります。車を手放すのには、適切なタイミングがあります。ここでは、車を手放すのに良いタイミングについて解説するので、参考にしてください。

税金を払う前

車を手放すタイミングとして適切なのは、税金を支払う前です。毎年4月1日になると、所有者にその年の自動車税が課されます。普通車であれば月割りで還付を受けられますが、軽自動車税については還付がありません。つい最近軽自動車税を支払ったにも関わらず、車を売却してしまえば、何のために税金を納めたのか分かりません。

車は、税金が課される少し前のタイミングに手放すといいでしょう。しかし、あまりにも直前に手続きをしてしまうのもおすすめできません。というのも3月は手続きなどが混みあうため、すべてにおいて通常よりも時間がかかり気味になります。書類の不備があれば大変です。たとえ、車本体を手放しても、書類手続きが間に合わず、4月1日を過ぎてしまうと税金が課せられてしまうので注意してください。

車検の前

どうせ手放す予定の車に、必要以上にお金をかけるのは避けたいものです。そのため、車を手放すのは車検の前がよいでしょう。

一般的に車検は、新車を購入してから3年後、以降2年ごとに必要です。一度の車検にかかる費用は基本工賃や自賠責、自動車重量税などを考えますと最低でも5万円以上。場合によっては10万円以上にも及ぶケースもあるでしょう。手放す予定の車に、それほどの費用をかけないためにも車検を受ける前に手放してしまうのがおすすめです。

査定金額が高くなるとき

車を売却によって手放す場合は、査定の時期にも注目しましょう。車の査定額は常に一定というわけではありません。同じ車種や走行距離の車であっても、時期によって査定額は大幅に変動します。
具体的には、中古車としてまだまだ再版できるような年式や状態の車に関しては夏のボーナス時期か冬のボーナス時期がおすすめです。車を購入する人が増えるシーズンなので、査定額も高くなりやすいでしょう。
逆に3月以降になると、車屋さんが、ユーザーから買い取ってから手続きや店頭に並べるための準備期間を考えると需要期を逃してしまう可能性があるため、相場は下がり始めます。3月から下がりはじめ、4月が一番安くなるというのが毎年の傾向となります。
まとめますと、1〜2月は、ちょうど自動車税が課される前です。車を手放すには、このタイミングがベターではないでしょうか。

廃車のご依頼、廃車手続きのご相談はこちらから

車を手放すときの流れは?

書類手続き
では実際に車を手放すときは、どのような流れで進めるべきでしょうか。スムーズに手続きを進めるためには、あらかじめ全体の流れを把握しておかなければなりません。ここでは、車を手放す際の流れを「手続きに入る前」「各種手続き」「保険の解約」の3ステップに分けて解説します。いよいよ車を手放そう、と決断した方は参考にしてみてください。

まずは車がない生活を想像してみましょう

具体的な手続きに入る前に、いま一度、車のない生活をしっかりイメージしましょう。
現在の生活で車を使用するのは、どんなタイミングですか?そしてそれは、車以外の移動手段でも、問題のないものでしょうか?

日常生活はもちろんのこと、雨の日や寒い季節、暑い季節など、1年を通して車のない生活をイメージしてみてください。また、代替の交通手段があるか、近くにレンタカー会社はあるか、イレギュラーな事態が発生しても車を使わずに対応できるかどうか、などよく検討しましょう。

各手続きを行いましょう

シミュレーションしてみた結果、車が不要となった場合は、いよいよ各種手続きにうつります。売却によって車を手放す場合は、以下5つのステップに沿って、手続きを進めます。

ステップ1.売却する業者を探す
ステップ2.査定を受ける
ステップ3.必要書類を準備する
ステップ4.車を引き取ってもらう
ステップ5.入金を待つ

ステップ3で必要となる基本的な書類は、以下のとおりです。もちろん所有者が本人ではない場合などは別途書類が必要です。

車検証・自賠責保険証明書・当年度納税証明書・実印および印鑑証明書(※1)・住民票または戸籍謄本、戸籍の附票など(※2)
※1 軽自動車の場合は不要
※2 車検証記載の氏名や住所の記載が現在のものと異なる場合のみ

必要書類は事前に揃えておくと、スムーズに手続きをおこなえます。

任意保険を解約しましょう

車を業者に買い取ってもらったあとは、任意保険を解約しましょう。車を買い換える場合は「車両入替」の手続き、新たに購入する予定がない方は「中断証明書」の発行手続きをお勧めします。
任意保険の手続きを忘れてしまうと、不要な保険料を支払いつづけることになってしまうので、注意してください。
中断証明書」は一時的に車に乗らなくなった場合でも、最大で10年間、現在の保険等級を維持できるものです。
もしこれをせずに普通に解約してしまい、もしくは保険期間満了までそのままにしてしまい自動解約になった場合、次はなんと原則6等級からの再契約となり、割高な保険料を支払う羽目になります。必ず行いましょう。

車を手放すときの注意点は?

注意点
車を手放すときに、最後まで気になるのが「後悔しないか、損をしないか」という点でしょう。では後悔や失敗せずに、車を手放すにはどうしたらよいのでしょうか。ここでは車を手放すときの注意点を紹介します。以下であげる4点に注意して、車を手放しましょう。

ローンの残りを確認しておこう

ローンの残金も確認しておきましょう。車を売却する際、ローンが残っていると、自分自身で手続きするのが大変な場合もあります。
また車の所有者がメーカーや信販会社、ディーラーとなっているケースでは、ローンを完済しなければ、売却することはできません。
この場合は、繰り上げ返済をしたり、買取額をローンに回したりすることで、車を手放すことできます。

相場価格を把握しておこう

車の査定額は、買取業者によっても変動します。そのため、事前に対象の車種や走行距離に応じた相場価格を知っておく必要があるでしょう。

後から相場価格よりも大幅に安価で買い取られてしまったと気がついても、車は戻ってきません。査定額を一括で比較できるサイトを利用したり、さまざまな業者へ見積もり依頼をしたりして、各社の査定額を比較検討しておきましょう。

買取業者は慎重に選ぼう

車を手放す場合は、依頼する業者自体も慎重に選ばなければなりません。慌てて決めると、予定日がまだまだでもキャンセル料を取られたり、還付金が戻ってこなかったり、余分な手数料が引かれるケースもあるそうです。万が一、納得がいかない場合は、説明を求めましょう。

家族などに通知しておきましょう

よくあることなのですが、あとから家族や親せきの方がいろいろ言ってきたり、譲ってほしかったなどと言われることがあります。できれば、気になる親族にはあらかじめ通知しておきましょう。

準備ができたら適切なタイミングで、車を手放しましょう

手放すタイミング
車を手放すことには、いくつかのメリットがあります。しかし、手放すタイミングに気をつけなければ、税金や車検の費用を余分に払ってしまったり、査定額が安価になってしまったりするでしょう。車を手放すのは初めてで詳しいことが分からないという方は、ぜひ「廃車ひきとり110番」へ問い合わせてください。

今すぐ買取価格を知るなら

0120-110-882

受付時間:平日 8:30-18:30
土曜 9:00-17:00(日祝休日)

今すぐ買取価格をチェック!

無料

電話する

受付時間:平日 8:30-18:30
土曜 9:00-17:00(日祝休日)

無料

フォームで確認する

受付時間:24時間365日いつでも可能

廃車にすると自動車税、自動車重量税、自賠責保険が還付金で戻ってきます。あなたの還付金を今すぐチェック!

廃車するときの豆知識の最近記事

  1. 車を擦った際の確認ポイントは3つ!修理先や修理費用の相場を紹介

  2. 車をスクラップするには?方法の比較や注意点を紹介

  3. 不動車の買取は廃車専門業者がおすすめ!不動車の基本情報なども紹介

  4. 車を手放すのはどんなとき?適切なタイミングを見極めよう!

  5. 車が動かない!そんなときに確認したいことと対処法

関連記事