escorp

自動車関連の減税要求

大手自動車メーカーのトップの方々が、自動車重量税、自動車取得税の廃止など自動車ユーザーの課税を軽減するよう要求しているとの報道がありました。
この税がユーザー負担になっているとのことで、他国に比べて日本のユーザーの税負担が多いとの指摘もありました。しかし、国から言わせるとトータルの税負担はむしろ日本のほうが安いとのことで、意見の食い違いがあるようです。

しかしながら減税したからといって正直自動車の保有率が上がるというのは、少々説得力に欠けるような気がします。おそらく、負担さえ少なければというユーザーは軽自動車に乗りますし、どちらかといえば普通車を買っていただけ安くするための施策になるのではないかと感じます。

エコカー減税が無くなる代わりに何か減税措置をとのことですが、はたして消費税上げが論議されているような昨今、なかなか難しいのでしょうか。

むしろ消費税のUpのほうが負担が大きく、直接影響を及ぼすことは明白と思いますので、こちらが心配です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。