廃車処理を依頼する業者の選び方|廃車買取の廃車ひきとり110番

廃車買取の廃車ひきとり110番    
廃車手続きは廃車ひきとり110番 TEL:0120-110-882
TEL:0595-43-2231
FAX:0595-43-2236
フリーダイヤル:0120-110-882
* 9:00〜18:00
廃車・事故車・不動車・故障車・水没車・車検切れのクルマ・トラック・ディーゼル車
その他なんでもお任せください! クルマに関する手続きも代行いたします。
HOME > 廃車Q&A > 廃車業者の選び方

廃車Q&A

廃車Q&A
廃車手続きについて
廃車引取り
廃車業者の選び方
環境問題
解体工程

営業時間
ニュース更新
 
◎お知らせ
2017年4月10日
メールアンケートで最近頂戴いたしましたお客様の声を更新いたしました。
2016年12月28日
メールアンケートで最近頂戴いたしましたお客様の声を更新いたしました。

業者の選び方

廃車を決めたら

例えば、年式が古い、走行距離が8万kmを超えている、 傷や凹みがあって修理が必要、
あるいは事故車・故障車などの場合、 ディーラー、自動車販売店、 修理業者などに下取り、
買取りあるいは廃車処理を頼んでも、結局は自動車解体業者のもとへ回されることになり、
高い中間手数料を支払うことになってしまいます。
それなら、最初から廃車を専門に扱っている、廃車ひきとり110番に依頼する方が、中間コストがかかりません。

解体業者選びはここがポイント!

1. リサイクルすればするほど、みんながトクをする?!
自動車解体業者はたくさんありますが、そのすべてが同じ方法で車を解体し、
同じようなリサイクル処理をしているわけではありません。
現在、日本国内では1年間に約400万台もの車が廃棄処分されています。
以前はその大半が、シュレッダーダストという、細かく砕かれた廃棄ゴミとなって 埋め立てられていました。
また、車に使われていたフロンガス、不凍液、オイルなどは適正に処理されず、
中には垂れ流しにしてしまう業者もあったのです。

自動車リサイクル法の施行もあり、現在は1台の車体から、エンジンや部品、
鉄材など平均して約80%の部分がリサイクルされるまでになりました。
廃車ひきとり110番では、ほぼ100%のリサイクルを実現しています
リサイクルできる部分が多ければ多いほど、引取り時の車の価値が上がるのですから、
廃車料金が安くなる可能性が高くなり、ユーザーの方にとっても、おトクです。

車が自然破壊、環境汚染のもとになるのを食い止めよう、きれいな地球を取り戻そう、
そういう意識を持って、真剣にリサイクルに取り組む業者こそが、
結局は誰にとっても優良な業者といえるでしょう。
車の再生と地球の再生とは、切っても切れない関係にあるのです。

自動車解体業者を選ぶときは、廃車した車をどのように処理しているのかを、
きちんと説明している会社を選ぶことが、安心につながります。
ホームページやパンフレット等があれば、ぜひ確認してみてください。

解体工程を見る


2. 廃車は思い出を満タンに積んで
廃車、廃車といっても、ユーザーの皆様にとってはたくさんの思い出のある、大切な車です。
中には、車をまるで家族の一員のように大事にされてきたユーザー様もいらっしゃいます。

恋人と海までドライブした夜。
気の合う仲間と峠道を走った夏。
生まれたばかりの赤ちゃんを、そっと産院から家へと連れて帰った退院記念日。
帰省ラッシュに泣かされながら、故郷へと急いだ日。
あるいは、亡くなったご家族の大切な形見として。

1台1台に、それぞれのユーザー様の思い出がぎっしり詰まっています。
だからこそ、最後の最後まで、小さな部品や素材に至るまで、
廃棄せずに生かす道はないかと、リサイクルに情熱を注ぐ業者を選んでいただきたいのです。


3. ガシャガシャに積み上げられた廃車の山
きっと、ご覧になったことがあるのではないでしょうか。
ナンバープレートが外されているとはいえ、山のように 積み重ねられ、野ざらしにされている車の姿。
もし、そこにご自分やご家族が大事に乗っていた車を見つけたとき、ユーザーの皆様のお気持ちはどうでしょうか。

廃車ひきとり110番では、100%リサイクルを実践しているだけでなく、決して、
お引受けした車を積み重ねて保管するようなことはしません。
そして、1台1台の車を、丁寧な手作業で細かく解体していきます。

解体工程を見る

4. 「リサイクル」から「リユース」へ
世界中、どこへ行っても日本車が走っています。その多くは大変古い型のものですが、
走行距離が数十万kmになってもなお、現役で活躍しています。
ですから、これまで日本国内ではゴミとして捨てられてきたような小さなボルト1本でも、
海外では貴重な部品として需要があるのです。
1台の車から、200品目に及ぶ部品の1つ1つを手作業で解体し、再生させるることで、
こういった細かい部品も海外で活躍することができます。
「リサイクル」を超えた「リユース」の考え方です。
廃車ひきとり110番で解体された部品は、国内をはじめ海外の多くの国へと輸出され、再び活用されています。

廃車買取の廃車ひきとり110番 トップご利用の手順廃車無料相談廃車Q&Aクルマの手続き
会社概要リンクコラムサイトマップお客様の声リサイクル関連ニュース
Copyright(C)2008 廃車ひきとり110番 All Rights Reserved.
 
無料相談