廃車手続きの手順・必要書類について|廃車買取の廃車ひきとり110番

廃車買取の廃車ひきとり110番    
廃車手続きは廃車ひきとり110番 TEL:0120-110-882
TEL:0595-43-2231
FAX:0595-43-2236
フリーダイヤル:0120-110-882
* 携帯電話・PHS・ IP電話からも
   はご利用いただけます。
廃車・事故車・不動車・故障車・水没車・車検切れのクルマ・トラック・ディーゼル車
その他なんでもお任せください! クルマに関する手続きも代行いたします。
HOME > 廃車Q&A > 廃車手続きについて

廃車Q&A

廃車Q&A
廃車手続きについて
廃車引取り
廃車業者の選び方
環境問題
解体工程

営業時間
ニュース更新
 
◎お知らせ
2016年12月28日
メールアンケートで最近頂戴いたしましたお客様の声を更新いたしました。
2016年9月15日
メールアンケートで最近頂戴いたしましたお客様の声を更新いたしました。

廃車手続きについて

廃車って、そもそも何?

”廃車”といいましても書類上、二つのがあります。
車検が切れたり、乗るのを中止しているが車は残しておきたい場合に一時使用中止の届
出をすること。これを一時抹消登録といいます。こちらの場合は再び”新規登録・検査”を
すれば車の使用が可能となります。自動車の使用(登録)を一時的に停止(一時抹消登録)
状態にすることで、自動車税の課税対象外となります。
二つ目に車としての用途がなくなり、実際にお車を解体し廃車処分にすることを永久抹消と
いいます。運輸局のコンピュータの自動車登録ファイルからその車の内容は消えてしまいます
ので、再度登録することはできません。したがいまして、永久抹消登録は、実際に解体業
者で車両を解体され、その旨が自動車リサイクルシステムで登録された後でなければ届出
ができません。抹消手続きに関しては、陸運局で説明してくれるので、ご自分でされてもかまいませんが、
その後の業者への車の引渡しや 陸運局への往復の手間、交通費等を考えると、
最初からプロに任せてしまうのが むしろ得策かもしれません。

自動車リサイクル法って何?

2005年1月から、自動車リサイクル法が施行されました。
これにより、すべての自動車は廃車後のリサイクルが義務づけられ、
そのためのリサイクル料金を車の所有者が支払うことになりました。
(車検証の所有者欄がディーラーや信販会社の場合は使用者が支払います)

リサイクル料金の支払い時期は、お持ちの車の購入時期等により 異なります。

* 2005年1月以降に、新車購入の場合 購入時に、リサイクル料金も一緒に支払います。
* 2005年1月より前に購入された自動車の場合 2005年1月以降の最初の車検時に支払います。
* 車検前に廃車となる自動車 廃車時に支払います。

皆様が支払われたリサイクル料金は、自動車の販売業者や 解体業者等を通じて、
財団法人自動車リサイクル促進センターに 預託管理され、
自動車の所有者(または使用者)にはリサイクル券が発行されます。
このリサイクル券は、自動車を売却したり、廃車にする際必要ですので、
車検証と一緒にしておくなどして大事に保管してください。
参考リンク http://www.jarc.or.jp/

車の廃車登録について

事務手続き、必要書類については、クルマの手続きをご参照下さい

その他 事後の手続き

1. 車庫証明書
そのまま処分して構いません。ただし、新しい車を購入し、車庫証明を申請する場合に、
廃車した車のナンバー、車台番号の記入が必要です。もし将来車を買う予定があるのでしたら
保管しておいた方が安心です。

2. 自賠責保険
所定の手続きをすれば、自賠責保険の残り期間に応じて返戻金 を受け取れます。
(加入している保険会社の窓口での手続きになります。弊社にご依頼いただいた場合は代行いたします。)

3. 納税証明書(自動車税)
廃車時期に応じて、還付金が戻ってきます。
約2ヵ月後に還付金の通知が自動車税事務所から送られてきますので、
それを持って所定の金融機関で手続きしてください。
引越し等で車検証に記載されている住所と異なる場合は、 郵便局にて移転の届けを出すか、
各自動車税事務所へお問合せください。
なお、軽自動車はいつ廃車しても自動車税の払い戻しはありません。

4. 任意保険
- しばらく車を購入する予定のない方
廃車の日程が決まっている場合、早めに保険会社に連絡しましょう。
任意保険の解約手続きをした場合、払い戻しになる保険料は 月割りで計算されます。
「先付け解約」など、前もって手続きできる 制度がありますので、無駄な保険料を支払わなくて済むよう
早めに連絡されるのが良いでしょう。

- 新たに車を購入予定の方
新たに車を購入する予定が今すぐでなくても、現在の保険に割引特約等がついている場合、
解約するよりそのまま継続した方がお得な場合があります。 
まずは、保険会社の方に相談されることをおすすめします。


以上で廃車の手続きは完了です。

廃車買取の廃車ひきとり110番 トップご利用の手順廃車無料相談廃車Q&Aクルマの手続き
会社概要リンクコラムサイトマップお客様の声リサイクル関連ニュース
Copyright(C)2008 廃車ひきとり110番 All Rights Reserved.
 
無料相談