車買取相場を「匿名・個人情報なし」でわかるおすすめシミュレーションサイト12選

車買取相場を匿名・個人情報なしで調べる時の注意点とオススメサイト

「車買取 相場」や「車売却 相場」「車査定 相場」などを調べるといくつかの紹介サイトが出てきます。

ただし、残念なことに買取相場の精度のことはあまり語られていません。

買取相場サイトの中には、デタラメな相場を算出するサイトも数多くあるのです。

カー君
えっ?そんなことを言われると、何を信じていいのか分からなくなるんですが・・・

買取相場はデタラメばかり

そこで、当サイトは元査定士である筆者がプロが実際に使っている正しい買取相場を調べ方をお伝えします。

注意:個人情報の入力サイトは買取相場サイトではない

まず最初に相場サイトを紹介する前に知っておいてほしいことがあります。

それは車売るときの買取相場を調べるときにNGとなるサイトがあるということ。

NGサイトは「個人情報を入力するサイト」。

個人情報を入力するサイトでは、売却が前提となっているため、しつこく営業に合うよ!
クルサテ

そのため前提条件として、買取相場を調べるだけなら個人情報を入力するサイトは最初から利用しないでください。

国民生活センターのトラブル事例に報告されている

何かトラブルに巻き込まれた時に相談する国民生活センターにも下記報告されています。

【事例7】車の価値を見るために査定サイトを利用したら・・・

インターネットで、無料で自動車を査定するサイトがあったので、現状の車の評価をしてもらうために依頼したら、多数の業者から買い取りの勧誘電話がかかってきて困っている。後日サイトの詳細を見たら、6 社に対して同時に査定依頼する仕組みになっており、依頼した以外の業者から電話がかかって来る場合があるとの記載があった。文字が小さく、目につきにくいので気がつかなかった。こんなに勧誘の電話があることがわかっていたら査定は依頼しなかった。(2011 年 10 月受付 40 歳代 男性 給与生活者 大阪府)

※出典:国民生活センター「増加する自動車の売却トラブル」より

そして、国民生活センターから消費者へのアドバイスとして下記を上げています。

査定サイトへ個人情報を書き込むと、買い取りの勧誘がある

査定のためのインターネット上のサイトは、事業者が顧客を探すためのもので、上手に利用すれば、時間をかけずに複数事業者からの見積もりがとれるなどの利点もある。しかし、「たくさんの業者から勧誘の電話や訪問がある」「自分の車の価値を知りたかっただけなのに勧誘がしつこい」といった相談が寄せられている。査定サイトへ個人情報を書き込むことは、その後に勧誘があることだと認識しておくこと。

「個人情報を書き込むサイトは、その後に勧誘があると認識すること」と書かれています。

個人情報の入力サイト例

買取業者への査定依頼をするサイトかどうかは「個人情報(住所や電話番号)の入力を求められている」かどうかで分かります。

車査定サイトで中には目立つ位置に

  • 「愛車がいくらかスグわかる!」
  • 「愛車の最高額がわかる!」

と書かれているのですぐに愛車の値段が分かりそうな気がします。

でもよく見てください。個人情報を入力する欄が大体あります。

個人情報を入力するサイトは買取業者へ個人情報が流れてしつこい営業を受けます。

買取業者からするとあなたが相場を見たいだけではなく、実際に売る気があると思ってしまうので、当然ですよね。

カー君
他のサイトを見て申し込んだら営業電話がすごくてびっくりしちゃったよ・・・どのサイトだったら営業電話なしで買取相場がわかるの?

個人情報なし・匿名で買取相場が分かるオススメサイト

2022年10月現在の個人情報の入力なしで買取相場が調べられるサイトは下記の通りです。

サイトの種類/名称個人情報所要時間使用難易度精度オススメ度
中古車情報グーネット中古車不要1分
中古車情報カーセンサー不要1分
シミュレーショングーネット買取不要(※)1分
シミュレーションズバット車買取不要(※)1分
シミュレーションナビクル不要(※)1分
シミュレーションタウ※事故車専門不要(※)1分
シミュレーショントヨタ不要1分
シミュレーション日産不要1分
実績ガリバー不要(※)1分
実績カービュー買取不要(※)2分
オークションオークサポート不要(※)2分
オークションカーオークション.jp不要(※)3分

※個人情報を入れる査定依頼もあるので注意

買取相場を調べるときのオススメ順

  1. 中古車販売サイト
  2. 買取相場のシミュレーションサイト、事故車シミュレーションサイト※事故車の方
  3. 売却の実績まとめサイト
  4. オークションサイト

ただ、先に述べておきますが、実際の査定額は「実際に車を見て査定してみないと分からない」ことは理解しておいてください。

中古車は「この世に1台しかない車」。これらのサイトではあくまで予想の査定額というのを知っておいてね!
クルサテ

車種・走行距離・年式は合わせる

買取相場の精度を上げるために「車種・走行距離・年式」の3つは必ず一致させてください。

車の査定額の大きく影響するのは下記の通りだよ!
クルサテ

査定額に影響する項目(優先順位順)

  1. 車種
  2. 走行距離
  3. 年式
  4. 修復歴
  5. グレード
  6. カラー
  7. 車検残り有無
  8. パーツ

査定額の基準については下記記事で詳しく解説しています。

車査定でチェックする11項目の内容と査定基準・ポイントを解説
車査定でチェックする11項目の内容と査定基準・ポイントを解説

車の査定はスタッフが独断と偏見でするものではありません。 車査定は基準があり、そのルールに沿ってチェックをしているのです ...

続きを見る

カー君
サイトの種類は大まかに分かったけど、具体的にどのサイトを使えばいいか分からない・・・

①中古車情報サイト※一番オススメ

中古車情報サイトの特徴

  • 今現在の中古車販売価格から予想するため精度が高い

中古車情報サイトは、下記2サイトを調べれば十分です。

この2つのサイトは中古車情報サイトの二大巨頭で毎日中古車情報が更新。

買い取られた車は、業者オークションと呼ばれる市場に流れて、中古車販売店が買取、中古車として販売されます。

業者オークションとは、全国で買い取られた車を競りに出し、中古車販売店が購入する仕入れのためのオークションのこと

オークション代行とは

つまりこの中古車販売価格からオークションの手数料や中古車販売会社や買取業者の利益・手数料を引けば大よその買取相場は分かります。

大よそそれらの費用をひっくるめると、中古車販売価格の20~30%ぐらい掛かっています。

中古車販売価格から予想した買取相場

  • 買取相場=中古車販売価格×70%~80%

グーネット中古車」を例に買取相場の予想価格の出し方を下記に紹介しておきます。

グーで買取相場を調べる方法

1.メーカー、車種の指定をする(地域は全国でOK)

グーネットの車種選択

2.グレードや年式、走行距離などの詳細条件を指定する

グーネットの詳細条件選択

3.ヒットした車種から、逆算して予想する

グーネットで表示された中古車

この価格には、20~30%程度の手数料や利益が含まれているということです。

つまり今回の例でいくと、買取相場は下記のように計算できます。

  • 車買取相場=160.8万円×70%~80%≒112~144万円
カー君
なるほど!中古車の掲載台数も多いし、自分の調べたい車種は見つかりそうだね!
そうだね!カーセンサーとグーで国内の中古車の6~7割は掲載されているから、おそらく調べたい車種に似たような車種は見つかるよ。
クルサテ
また、現時点で実際に販売されている価格を元に買取相場を予想するので、精度はそれなりに高いよ!
クルサテ

②シミュレーションサイト

シミュレーションサイトの特徴

  • 調べる手間は少ない
  • 過去のデータを元にシミュレーションしており、買取相場精度が今一

シミュレーションサイトには、大きく分けて下記の2種類があります。

  1. メーカーの公式サイト「下取りシミュレーション」
  2. 車査定サイトの「買取相場シミュレーション」

下取りシミュレーションサイト

ただし、この2サイトはあまり正確ではないと思ってください。

なぜならこの2サイトは走行距離の入力ができないから。

走行距離は、査定額に大きな影響を与える要因。

1,000キロの自動車も20万キロ走った自動車も査定額が一緒であるわけがないのは理解できますよね・・・

買取シミュレーションサイト

買取相場シミュレーションについては、下記に挙げた3サイトの利用がオススメです。

ズバット車買取とナビクルは「車一括査定」というサービスを提供しているサイト。

車一括査定の申し込みには個人情報が必要であり、買取業者から営業電話が鬼のようにかかってきます。

カー君
えっ?じゃあ何でここでオススメと紹介しているの・・・?

実は、この2サイトは個人情報不要で、サイト内にて相場を調べる機能も備えているのです。

そこで各サイトの使い方を下記に画像付きで紹介していきますのでご覧ください。

グーネット買取で相場を調べる方法

1.グーネット買取からメーカー、車種名、年式を選択して無料買取相場検索を開始をクリックする。

グーネット買取

2.車体の色などの詳細と郵便番号、メールアドレスを入力して「今の愛車の価格を調べる」をクリックする。

グーネット買取

3.すると下記のように半年後までの予想買取相場結果が見られます。

グーネット買取

グーネットは中古車の在庫検索サイトもやっていることから、中古車情報を豊富に持っています。

筆者がいくつかの車種で調べた限り、かなり精度がいい買取相場が算出されます。

また、グーネット買取は買取強化している店舗も出てくるため、査定依頼も同時に行えます。(任意)

  • 他サイトとの併用で効果が発揮
  • 営業電話なしで買取相場がわかる

買取相場がわかるグーネット買取 公式サイト

URL:https://www.goo-net.com/kaitori/

※業者を自分で選択して依頼する形式です。

ズバット車買取比較で車売る相場を調べる方法

1.ズバット車買取トップページから「中古車の査定相場」を選択

ズバット トップページ

2.メーカー、車種の入力の後、「あなたの愛車の査定相場をチェック!」

ズバット査定相場ページ

3.上に出てくる相場はいったん無視して、下記の詳細条件を入力する

ズバット詳細条件別の査定相場

上の相場は「車種全体の相場」であるため、詳細条件を入力します。

そうすると下部に条件別で実際の相場が表示されます。

ズバット詳細条件別の査定相場

画像をご覧になると分かる通り、今後の相場変動についてもこれまでの実績から大まかに表示されます。

ナビクルで車売る相場を調べる方法

1.ナビクルのトップページから「下取り・買取相場」を選択する

ナビクルトップページ

2.メーカー、車種を選択する

ナビクル 車種を選択

3.年式や走行距離、グレードなどの詳細条件の入力

ナビクル 詳細条件の入力

4.下取り、買取相場の提示

ナビクル相場の提示

ナビクルでも相場については過去の結果をもとに将来の予想データを算出。

また特筆すべきなのはディーラーの下取り相場と、買取業者の買取相場についての比較ができる点でしょう。

ただし、両サイトで同じアルファードの査定結果を比較してみると、なんと約60万円もの差額が出てしまいました。

  • ズバット車買取で算出された相場:213万円
  • ナビクルで算出された相場:276.2万円

これはサイトが集計しているデータの違いにもよるのですが、少し差が大きいですよね。

シミュレーションサイトは、過去の実績をもとにしているから、持っているデータによって今回のように大きくブレてしまうんだよ。つまり買取相場の精度としては今一なんだ。
クルサテ

事故車のシミュレーションサイト

事故車専用のシミュレーションサイトもあります。

事故車専門の買取業者「タウ」が、公開しています。

こちらも下記に手順通りに載せておきますのでご覧ください。

タウで事故車の買取相場を調べる方法

1.メーカー・車種・年式を選択する

タウ車両情報入力

2.損傷の度合いについて選択する

タウ損傷情報選択

3.査定相場の提示

タウ相場提示

ご覧の通り、個人情報不要でサクッと予想金額が提示されました。

あくまで予想ではありますが、事故車ではこの金額が適用されるケースが多く、部品&鉄としての素材代金として、専門業者では非常に高く売ることが可能になります。

③売却実績のまとめたサイト

売却実績のまとめサイト特徴

  • 調べたい車種が無い可能性が高い
  • データが古くなっている可能性が高く精度が低い

利用者の実績をまとめたサイトには、下記のようなものがあります。

ガリバーもカービューも選択していくだけなので、細かい説明は割愛します。

結果としては下記のように査定実績を元に一覧にまとめられています。

カービュー プリウスの買取相場

カー君
おぉ!これは良さそうだね!!
そうでもないんだよ!まずあなたの車と同じ条件の査定結果が見つからない可能性が高いの。また、相場が古くなっているんだよね・・・
クルサテ

実績をまとめたサイトは「あなたの車と全く同じ条件の査定結果が見つけにくい」という弱点があります。

また、買取相場は時期によっても大きく左右されます。半年前のデータを見ても仕方ないのです。

実績をまとめたサイトではレビュー自体が集まるまでに時間がかかり、ある程度蓄積されてきた「相場データでも古くなっている」と言えます。

そのため筆者としては正確な情報をゲットできる可能性が極めて低いことから、あまり積極的にはオススメできないと結論付けています。

④オークションサイト

売却実績のまとめサイト特徴

  • 調べるのが素人では少し難しい
  • 買取相場の精度は高い

車の下取りや買取をするときに、参考にするのがオークション相場です。

一般の人では、オークション相場は調べることが出来ません。

ただし、オークション代行業者のサイトを見ると、オークションに出ている車の情報が閲覧できます。

また、業者オークションの落札情報サイトが最も正確性が高いです。

また業界の裏話ですが、買取業者側からすると「オークションの落札価格で車買取をすれば、最悪の場合でも赤字になることはない」と思っています。

そのため買取業者もオークションの落札価格をチェックして、その金額を上限に設定していることが多いのです。

そしてオークションで実際に落札されている価格を調べられるのが、下記のようなサイトです。

  1. オークサポート
  2. カーオークション.jp

オークサポートを例に使い方を紹介します

オークサポートで買取相場を調べる方法

1.メーカー、車種、年式、走行距離などの条件を分かる範囲で入力して、検索開始

オークサポートの相場検索

※詳しいグレード名なども入力することで正確な数値が出ますが、空欄でも大丈夫です。

2.落札情報の提示

オークサポートの検索結果

ご覧になると左側に「更新年月」という部分がありますよね。

これは実際に落札がされた時期を表示。

全国のオークション会場が対象となっているため「新しいデータがチェックできる」というメリットがあります。

また同時に評価欄では「きれい・すごくきれい・修復歴あり」となっていますが、ザックリ分けると下記の通りになっています。

  • すごくきれい:目立つ傷や凹みもなく、非常にキレイな状態
  • きれい:若干のキズや凹みはあるが、簡単に修復することが可能な程度
  • 修復歴あり:骨格などを傷つけるような大きな修理があった、もしくは大きな修理をしなければならない状態

この条件に当てはまる部分を見てください。

例えば「きれい」という状態で見てみると、おおまかに170~180万円程度であることが分かりますよね。

これが車買取の相場ということ。

カー君
実際に使ってみたけど、全然検索に引っ掛からないんだけど・・・
そうそう、ちょっと使い方に癖があるよ!マイナーな車種はなかなか出てこないし、素人は中古車情報サイトを見るのがオススメだよ。
クルサテ

車を高く売るにはどうすればいい?

車を売る人は、実車(現物)を見て査定をしてもらわなければなりません。

現物を見ないと、車の状態(傷の有無など)が分からず、査定額を出しようがありません。

当たり前ですが、買取業者に査定してもらうためには、個人情報を入力する必要があります。

車一括査定を使うと高く売れる

車一括査定を使うと高く売れる可能性がグッと上がります。

車一括査定とは、あなたの住所や車種情報を入れると、お近くの買取店が自動的にピックアップされて、複数の買取店に査定依頼が同時に行えるサービス

車一括査定の流れ

車一括査定は、買取業者にしてみるとライバルがいることになります。

買取業者は、基本的に安く買いたたきたいため、足元をみた査定額を提示してきます。

車の査定額というのは、買取業者間で差が大きいのです。

車一括査定を使えば、ライバルがいることになるので足元を見た査定額は提示にし難くなります。

カー君
安い査定額を提示したら、その業者には売らないからね。

一括査定のおすすめは「カーセンサー」

車一括査定のオススメ

カー君
車一括査定が良いのは分かったけどどれを使えばいいのか分からない・・・

ちょっと待ってね!車一括査定にもデメリットがあるよ。
クルサテ

車一括査定は高く売れるサービスではありますが、デメリットもあります。それが買取業者からの電話ラッシュ。

買取業者との営業電話や交渉が苦手ではない人は、より多くの買取業者を比較できる「カーセンサー」がオススメです。

カーセンサーは連絡手段をメール要望にする機能業者を絞りこめる機能できるので、ある程度の電話ラッシュは防ぐことができます。

メール要望機能

電話ではなくメールでの連絡を希望

連絡手段の汎用性一覧

業者選択、絞り込み機能

依頼する業者を絞る

買取業者を自分で選択可能

また、どうしても買取業者の交渉が嫌、でも買取額を高くしたい人にはオークションもオススメです。

オークションはネット上で各社が入札をしていく仕組みのため、買取業者との交渉や営業電話は一切ありません。

オークションを運営しているサービス会社が仲介してくれます。

オークション形式が可能か

通常の車一括査定でも電話防止機能があり、オークション形式も選べる「カーセンサー」が一番オススメです。

  • メール連絡OKで営業電話を防げる
  • オークション形式を選べる

1,000社以上が参加カーセンサー公式サイト

URL:https://kaitori.carsensor.net/

※メール連絡を希望しても電話が掛かってくる業者はあります。

一方でオークションは買取業者との交渉ができないため、車一括査定の比べると買取額が低くなる傾向があります。

電話ラッシュは嫌だけど買取業者との交渉がしたい人は「MOTA」がオススメです。

MOTAは、申し込むと最大20社が入札する仕組み。翌日の18時以降にWEB上で概算査定額が分かります。

その中の上位3社のみと交渉を行い実査定をして買取額を比較できるサービス。

各社も焦って電話をかけてくることがないため、車一括査定のような電話ラッシュを防ぐことができます。

  • 翌日18時にWEB上で概算査定額が提示
  • 電話は高額査定を提示した3社のみ

事前に査定額がわかるMOTA車買取公式サイト

URL:https://autoc-one.jp/ullo/

※入札額を見て売るかどうかを判断できます。

車一括査定のオススメについては下記記事で詳しく解説しています。

車一括査定のオススメ
2022年「車一括査定サイトおすすめ」厳選ランキングTOP8

車一括査定は一気に何社もの車買取店へ、査定のオファーができるサービス。 車一括査定とは、あなたの住所や車種情報を入れると ...

続きを見る

まとめ

  • 車の買取相場を簡易的に知るには、個人情報を入力してはダメ
  • 相場が調べられるサイトの中でも精度が高く、調べやすいのは中古車情報サイト
  • 事故車の場合に限り、事故車専門のシミュレーションサイトがオススメ
  • 車を高く売るには車一括査定「カーセンサー」がオススメ

サイト内検索

キーワードから検索

  • この記事を書いた人

石川 貴裕

株式会社エイチーム(現 株式会社エイチームライフデザイン)にてナビクルの責任者を経験。ナビクルの集客から買取業者との折衝などを行う。2017年に合同会社ラビッツとして事業開始。中古車売買のお得情報を発信するメディア「パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル」や不動産売買のお得情報メディア「不動産売却の教科書」などを立ち上げる。現在では、古物商許可証(愛知県公安委員会 第541182000600号)を取得し、中古車売買の実務を経験している。

-車売却
-

Copyright © クルサテ , All Rights Reserved.